RECRUITING

ENTRY

五千尺のアットホームな雰囲気が 入社の決め手に

INTERVIEW先輩インタビュー

2016年度中途入社海永洋貴

中途採用から社員へ2016年度入社海永 洋貴五千尺ホテル上高地
ホール

MY STORY 五千尺のアットホームな雰囲気が
入社の決め手に

五千尺に入社した一番の決め手は何ですか?

旅行会社時代に訪れた上高地という環境に惹かれ入社。

2011年、旅行会社時代にザ・パークロッジ上高地に宿泊し、仕事でもプライベートでも声をかけていただける仲になりました。旅行会社を辞めようと思ったとき、「上高地で働きたい!」と、相談を持ちかけたところ、2015年にアルバイトとして採用していただき、夏にはエリア社員、その冬には正社員転換制度で正社員になりました。
当時、ホテル業界で働くことは考えていませんでしたが、上高地という環境に惹かれた比率が高く、松本に家族がいる縁や、五千尺のアットホームな雰囲気が入社の決め手となりました。
松本・上高地は好きなところなので、東京にいた頃から年をとったら松本に住もうと思っていましたが、少し予定が早まりました(笑)

現在の仕事の内容とやりがいはなんですか?

現場の最前線で、お客様の喜びの声や表情を一番近くで見られること。

現在は五千尺ホテル上高地のホール所属なので、宿泊のお客様の朝食・ランチ・ディナーの対応をしています。
小浜料理長の美味しいお料理や、ホールスタッフがお勧めしたお酒をお客様が召し上がり、喜びの声や表情を一番近くで見られること、また感謝の言葉をお客様からいただけること、現場の最前線で感じられることに喜びや、やりがいを感じます。
びっくりしたエピソードは、旅行会社時代の常連さんがツアーで五千尺ホテル上高地に宿泊され、最初はお互いに「アレ?」という様子になり、こちらから声をかけたということがありました。旅行会社時代の同僚も上高地に来てくれて以前の繋がりも大事にしています。

やりがい

スタッフ同士のコミュニケーションはどうですか?

スタッフ同士仲が良く、プライベートでも一緒に遊んだり、寮で仕事終わりに飲んだりすることも多いです。

異動などスタッフの入れ替わりはありますが、新卒のスタッフがホールに配属されることが多く、プライベートでも一緒に遊んだり、寮で仕事終わりに飲んだりしています。
ワインの勉強など知識的なことは、谷口ホール支配人、大槻さんに色々とアドバイスなどを頂いています。先輩スタッフは話しやすく、上下関係なく色々と相談できる関係を築けていると思います。

コミュニケーション

仕事をして、成長したと思うことはありますか?

仕事に対し自信が持てるようになり、「活き活きして働いているね。」と言われるようになったこと。

前の職場にいた頃は、「うまくいかないな」と思うことが多々あり、自分の仕事に自信がありませんでした。心機一転、五千尺に入社し、若手スタッフに私の分かる範囲で教えることができるようになってきました。
まだまだ未熟ですが、以前の仕事より自信がもてるようになり、上高地に遊びに来た前の職場の人にも、「活き活きして働いているね。」と言われました。

成長

将来の夢や目標、そのためにしていること。

いつか宿泊部門のスタッフとして働いてみたい。

今は、五千尺ホテル上高地のホールにいますが、やってみたいのは宿泊部門です。
旅行会社時代の仕事やつながりを活かして、上高地・五千尺を盛り上げていきたいと思っています。長野県の観光情報は、旅行会社時代の同僚に聞かれても困らないよう、休日は県内様々なところへ出掛け、SNSで情報発信しています。
知識を増やしていくことが大事なので、冬に長期休みがとれる五千尺の特徴を活かして、積極的にイベントやセミナーに参加するようにしています。

将来の夢

Instagramインスタグラム

Instagramでは、入社5年以内の若手スタッフによる社内イベントや仕事以外の写真を発信!Facebook、TwitterではInstagramの投稿はもちろん、採用に関する最新情報を発信しています。五千尺で働くイメージや雰囲気を感じで頂けると嬉しいです。皆さんのフォローお待ちしております。

五千尺リクルートチームInstagram

PAGE TOP